テクノロジー戦略本部

開発2部

早瀬 和輝

2021年入社

出身大学:金沢大学 理工学域機械工学類

質問1

現在の仕事内容は?

バイセルが開発を進めているリユースプラットフォームの一つである出品管理SaaSの開発に携わっています。出品管理SaaSは、ECに出品するためのささげ作業や各種モールへの一括出品、受注管理などの機能を目指しています。いまはプロジェクトリーダーとして、商材が集まるロジスティクスに赴いて、ユーザーとなるEC事業部に直接現状の課題や要望をヒアリングをして課題を抽出して、その内容を元に機能開発をしています。

質問2

どんな学生時代を過ごしたのか?

常に何かに没頭している学生生活を過ごしていました。大学1・2年生の頃は教材販売の営業をしていて、数字を上げるために奔走してました。営業をやめてからはプログラミングを独学で勉強してフリーランスとしてWeb制作を行ったり、大学4年生になってからはバイセルで内定者インターンとして社内システムの開発に携わってました。
一度スーパーでジュースを配るアルバイトをしたこともありますが、自分には同じ作業の繰り返しは向いてないと実感して、頑張った分だけ報酬が返ってくる方がいいなと思っています。取り組みはじめたことは成果が出るまでやり切りますし、きちんと成果を出せた時が一番楽しいですね。

質問3

バイセルを選んだ理由は?

大きく分けて2つあります。
1つ目は裁量です。性格的に言われたことをただやる環境ではなく、自分で考えて行動できる環境の方がより成長できるし楽しいと感じます。バイセルは会社全体で1,000人程の規模に対してテクノロジー戦略本部は40人程で、必然的に一人一人が任される範囲が大きくなるので、まさに自分が求めている環境だと思いました。実際に、1年目から手を上げて、プロジェクトリーダーを任せてもらえたりと裁量を持たせてもらえる環境でした。
2つ目は組織のフェーズです。バイセルはすごいスピードで成長していて、組織も現在進行形で変わり続けています。この変化を会社の中で見れるのは今しかないと思い、このチャンスを逃すまいと入社を決めました。

質問4

入社前の自分と比べて変わったことは?

物事に対する視座が高くなったと思います。入社前はただプログラミングそのものが楽しくて開発をしていましたが、今は自分が開発しているプロダクトが会社や世の中にどのような影響を与えるかや、チームとして成果を出すためにはどうすればいいかを考えるようになりました。自分以外のことも考えなければならないのでその分大変なことはありますが、それ以上にやりがいと楽しさを感じています。

質問5

職場の雰囲気は?

コミュニケーションが活発で、みんなで成長していこうという雰囲気があると思います。モダンな技術をどんどん取り入れていこうという方針ですし、知見の共有のために勉強会や輪読会などを定期的に開催しています。LT会は今のところ自分が最多登壇しています(笑)。
社内LTでContainer/Presentationalパターンについて発表しました。
普段の業務の中でも技術に関する話題はもちろん、プライベートや趣味の話もよく話しています。

質問6

今後の目標や目指す姿は?

チームの目標としては今携わっているプロダクトをリリースして、まずは軌道に乗せたいと考えています。個人の目標としてはサービス志向を持ち続けて、ユーザーが認識していない課題まで拾い上げて、解決するために必要なスキルを常にアップデートし続けられるエンジニアになりたいと考えています。

質問7

バイセルをひとことで表すと、どんな会社?

テクノロジー戦略本部で活躍中の早瀬さんに「バイセルをひとことで表すとどんな会社?」か聞いてみました。ぜひ動画内で早瀬さんの生の声をご確認ください。

バイセルをひとことで表すと、どんな会社?

OTHER INTERVIEWその他の社員インタビュー

小林 佑弥

フィールドセールス事業本部

横浜センター SV

小林 佑弥

2019年入社

福地 美那

フィールドセールス事業本部

店舗事業部

福地 美那

2022年入社

秋穂 桃子

インサイドセールス事業本部

インサイドセールス事業部

秋穂 桃子

2020年入社

大前 信太朗

商品戦略本部

商品3部

大前 信太朗

2020年入社

大西 胡桃

販売戦略本部

EC事業部

大西 胡桃

2021年入社

松田 優美子

マーケティング戦略本部

グロースマーケティング部 部長

松田 優美子

2016年入社

早瀬 和輝

テクノロジー戦略本部

開発2部

早瀬 和輝

2021年入社