インサイドセールス事業本部

インサイドセールス事業部

秋穂 桃子

2020年入社

出身大学:相模女子大学 学芸学部

質問1

現在の仕事内容は?

インサイドセールス事業本部(IS)の受電チームとして、お問合せのお電話をくださったお客様のアポイントメントを作っています。お電話してくださるお客様のうち全員が査定を希望されているわけではなく「ちょっと聞いてみただけ」という方も多くいらっしゃいます。私たちISはお客様の潜在的なニーズを引き出し最善の提案をすることを心がけることで、日々質の高いアポイントメントの生成と、ボリューム獲得に励んでいます。

質問2

バイセルを選んだ理由は?

「誰かの悩みを一緒に解決できるようサポートすること」、「人と関わる中で自分自身も成長できること」を軸として就活していました。大切なものを次に繋ぐお手伝いができるISの仕事は私自身の軸に合っていました。また、会社説明会で人事の方の「何をするかよりも、誰とするか」という言葉が印象に残ったことも理由のひとつです。入社を決めるまでに社員の方と何度かお会いする中でも、バイセルで働く人の良さや、人を大切にする雰囲気を感じて入社を決意しました。

質問3

これまでのキャリアは?

1年目から今まで、IS受電チームでオペレーターをしています。入社して半年ほど経った頃に、数字が伸びずスランプに陥っていた時期がありました。悩んでいる私を見かねて、チームリーダーや先輩方が何度も相談に乗ってくださいました。その中で、「数字よりもお客様との関係構築に意識を向けてみよう」とアドバイスいただいたことが印象に残っています。
それまでの私は目標達成を意識しすぎるあまりに、一方的に話を進めてしまっていたんだなと気づくことができました。その後、初心に戻って数字を意識せずお客様との会話を広げるようにしたことで、数字にも繋がって目標を達成することができました。諦めずに頑張ってきてよかったなと思ったと同時に、身近に相談できる先輩方がいるこの環境がとてもありがたいなと感じました。

質問4

仕事をするにあたって大切にしていることは?

当たり前のことではありますが、「報連相を徹底すること」です。基本的な業務はお客様対自分のやりとりで進みますが、一つのアポイントメントに対しては色々な人が関わってくれていて、査定員の訪問ルートを調整するルートチーム、実際に現場で査定をする査定員など、他部署の方とやりとりする機会も多くあります。お客様との相対でもそうですが、初歩的なことができていないと信頼関係も築けないため、最低限のことを当たり前にできるように意識しています。

質問5

職場の雰囲気は?

セールス部門のため結果はもちろん重視されますが、それまでの過程もしっかり見てくれる方ばかりだなと感じます。また、先輩後輩関係なくお互いを尊重できる人が多く、チームメンバーでフォローし合ったり、分からないことは丁寧に教えてくれたりする上司や仲間がいるのは心強いです。私自身、入社後に先輩方が積極的に話しかけてくださったおかげで、すぐに職場環境に馴染むことができました。私もそのような先輩になりたいなと思っていて、後輩にも積極的に話しかけるように心がけています。

質問6

今後の目標や目指す姿は?

一番最初にお客様と接する企業の顔として、「この人に対応してもらえてよかった」と思っていただけるオペレーターになることです。様々なお悩みや不安を持って電話してきてくださったお客様に対して、その悩みを少しでも取り除けるように自身の問題発見・解決能力を養っていくことと、応対の質を上げていくことの2点を目標に、今後も励んでいきたいです。

質問7

バイセルをひとことで表すと、どんな会社?

インサイドセールス事業本部で活躍中の秋穂さんに「バイセルをひとことで表すとどんな会社?」か聞いてみました。ぜひ動画内で秋穂さんの生の声をご確認ください。

バイセルをひとことで表すと、どんな会社?

OTHER INTERVIEWその他の社員インタビュー

小林 佑弥

フィールドセールス事業本部

横浜センター SV

小林 佑弥

2019年入社

福地 美那

フィールドセールス事業本部

店舗事業部

福地 美那

2022年入社

秋穂 桃子

インサイドセールス事業本部

インサイドセールス事業部

秋穂 桃子

2020年入社

大前 信太朗

商品戦略本部

商品3部

大前 信太朗

2020年入社

大西 胡桃

販売戦略本部

EC事業部

大西 胡桃

2021年入社

松田 優美子

マーケティング戦略本部

グロースマーケティング部 部長

松田 優美子

2016年入社

早瀬 和輝

テクノロジー戦略本部

開発2部

早瀬 和輝

2021年入社