OUR PEOPLE’S VOICE

社員を知る

大谷 真史

EXECUTIVE

システムの力でビジネスをスケールさせる

大谷 真史
 / Shinji Otani

大谷 真史

自発的で共感できる仲間と共に

「エンジニアのチームを強化して会社の今後のビジネス展開に欠かせないものにしたい」という会社の方向性に自分が力を発揮できるのではないか、というのが入社のきっかけです。前職では越境ECサービスのシステム部門を統括しておりました。ウェブサイトの構築から、基幹システムの企画・設計まで行いました。
入社後はエンジニアメンバーのマネジメント、既存システムの改善、新規システムの企画・検討を中心に行っています。他のメンバーは自分の思い描いている業務の方向性に共感し、何が必要かを自発的に考えてくれます。お互い信頼して同じ目標に向かって仕事ができるので、自分も進めやすいと感じています。

大谷 真史

システムの原動力は現場の熱意

システム開発にあたり、現地のニーズを汲み取るため、現地に赴いて運用フローのヒアリングやドキュメント化なども積極的に行っています。実際にエンジニアではないメンバーと話すと自分でシステムのことを理解し、自分の業務を良くしたいという思いを持っていることがわかりました。彼らのためにより良いシステムを構築して、助けになりたいと思うようになりました。
また、他部署とのコミュニケーションを円滑にできるようにすることも心がけています。システムの仕組みや用語はエンジニアでないと知られていないことが多いので、わかりやすい言葉に変えたり、比喩を使ったりすることで理解しやすくなるようにしています。

日々の業務を通し、さらに各部署でどういった業務が行われているかをもっとヒアリングしていこうと考えています。その上で今後どういった機能を開発すればビジネスが拡大できるのかを考えていきたいと思います。
事業会社のエンジニアは、開発だけが目的ではありません。システムの力で自社のビジネスを大きくしていくことが最大の目的です。エンジニアはそのためのパワーを持っていると思います。ぜひ一緒に会社を成長させていきましょう。

大谷 真史